ホーム > 青汁レシピランキング > 青汁を使ってサラダ作ってみた

健康的ならこれが一番!
サラダのドレッシングに青汁をどうぞ

第一位にご紹介した「青汁サラダ」は、ドレッシングに青汁をプラスすることで、いつものサラダメニューにさらなる栄養価を期待することができるレシピです。もちろん、味わいとしてもよりコクがある緑の風味を加える形となるため、美味しく楽しむことができます。ママ友家族に試してもらいましたが、お子様も含めて、喜んで食べてくれました。


[調理方法]
作り方としては、一般的な一杯分の青汁の素に対し、砂糖小さじ1・しょうゆ大さじ1弱・酢大さじ1弱を合わせて作ります。混ぜ合わせるだけで簡単に仕上がるので、時間がない時のお手軽アレンジとしても役立ちます。今回のように、お子様など、青汁の風味があまり得意でない人にも食べてもらう場合には、青汁の分量を調整して、好みに合った味に仕上げると良いでしょう。健康のためと言っても、やはり美味しく感じなければ、継続しにくくなってしまいます。
おすすめの食材は、青汁素材と同様の緑黄色野菜です。相性が良く、お互いの味を邪魔しません。野菜の味を濃厚に感じることができる形となるため、「健康を気遣っている」と言った実感が得やすいのもポイントです。また、逆に緑色の少ない、もやしや大根に合わせても美味しく食べられます。栄養価を補う意味でも重宝できるので、プラスアルファの食材としても役立ちます。味のジャンルが異なる素材なので、少しドレッシングを濃いめに仕上げておいても、問題ありません。栄養や味を工夫できる他、ノンオイルドレッシングなので、体型を気にしている女性や、メタボ対策に取り組んでいる肥満気味の人にも嬉しいレシピとなります。