青汁を飲んでいつでも快調
そんなおすすめ青汁をランキングで紹介

はじめまして。私は去年一人目の子供を出産した、31歳の新米主婦です。以前まで、ほとんど健康に興味を持つことはありませんでしたが、妊娠が判明したあたりから、徐々に気を遣い始めるようになりました。中でも力を入れたのが野菜不足の解消です。
アラサーと言う年齢にもかかわらず、結構偏りがちな食事ばかりを好んでいたので、子供への影響が気になったんです。しかし、あまり野菜が得意ではないので、かなり苦戦しました。そこで役立ったのが、青汁でした。
ぎゅっと凝縮した状態をドリンクの形で飲むことができるので、充分な栄養が摂りやすかったんです。また、好みに合った商品や、アレンジ料理レシピなどを色々試しながら見つけることにもハマりました。お陰で、体調は想像していた以上に良好な状態となり、悩み続けていた万年便秘の解消にも繋げることができました。
当サイトは、そんな青汁にハマりまくりな私が経験をもとに、その魅力をより多くの人にお伝えするべく、友人と一緒に運営しているサイトです。是非すばらしさを知って、日々の健康に役立ててみて下さい。

総合ランキング

様々な青汁から、私たちが独断で採点し、総合的に評価したランキングトップ5をご紹介致します!
評価項目は口コミ情報・ダイエット効果・アレンジレシピのおいしさ・価格など当サイト内で掲載しているランキングの内容も考慮しています。

1:青汁三昧

原材料・成分

還元麦芽糖水飴 難消化性デキストリン 大麦若葉粉末、ゴーヤー粉末、ケール粉末、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸Ca、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、葉酸、ビタミンB12

価格\3,000(税込)一包価格\50
内容量60包(180g)
特典・備考毎週先着1000名様限定
1箱60包入り 3,000円(1包あたり50円)

この青汁の詳細を確認または購入はこちらから

まずランキング第一位ですが、「青汁三昧」を推したいと思います。
ダイレクトテレショップで取り扱われているもので、1包価格が50円と他と比べて求めやく、更に栄養成分へのこだわりや飲みやすさなどもあり、継続的な利用に適した特長を多く備えた商品となっています。メインに含む野菜は、ケール・大麦若葉・ゴーヤーとなっています。
いずれも栄養価が高く、 また女性の美容に嬉しい存在となる、豊富な食物繊維・鉄分・ビタミンCが魅力的です。ネックとなりやすい味の方も、飲みやすさを意識した抹茶風味となって おり、万人受けしやすい味わいとなっています。楽天市場の青汁ランキングでも1位を250週以上獲得していて、8億杯も販売されていることから、継続しやすい青汁です。

2:極の青汁

成分

大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン、ケルセチン配糖体、フラクトオリゴ糖、食物繊維、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK

価格\3,240(税込)一包価格\99
内容量30包(99g)
特典・備考今なら10%増量
青汁シェイカープレゼント
全国送料無料
定期コースで10%OFF

この青汁の詳細を確認または購入はこちらから

ランキング第二位は、サントリーウェルネスの「極の青汁」です。国産素材であると共に、産地へのこだわりが特長的な青汁となっています。例えば、熊本県阿蘇などで収穫された大麦若葉です。土地ならではの、空気を多く含んだ柔らかい土壌と、広大さのある立地による日当りが、質に期待の持てる素材を育みます。そして、屋久島の明日葉もその一つです。屋久杉で知られる通り、植物の発育に適した豊かさのある環境によって育てられた明日葉は、ずっしりとした重みを感じるほどに大きく成長します。極の青汁なら、厳選されたこれらの貴重な素材による恵みを、手軽さのある形で摂取することができます。

3:えがおの青汁

成分

大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、アガベ・イヌリン(食物繊維)、抹茶、ボタンボウフウ粉末(長命草【沖縄県産】)、発酵黒生姜粉末、有機ケール粉末、有機桑葉粉末、植物性乳酸菌、レッドクローバーエキス粉末、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンD、葉酸

価格\2,580(税込)一包価格¥83
内容量31包(108.5g)
特典・備考定期コースで18%OFF
全国送料無料
初回購入特典「ふりふりシェイカー」プレゼント
初めての定期購入で「えがおのマルチビタミン&ミネラル」プレゼント

この青汁の詳細を確認または購入はこちらから

ランキング第三位は、株式会社えがおの主力製品「えがおの青汁」です。成分へのこだわりはもちろんのこと、この商品の魅力は何と言っても飲みやすさです。コクのあるおいしさ・のどごしが特長的で、私のような野菜嫌いにも気兼ねなく取り入れやすい商品となっています。大麦若葉・長命草などの野菜成分の他、果物やショウガを配合している点が、そうした飲みやすさに繋がる理由と言えます。料理への役立てやすさも嬉しい面です。

4:緑効青汁

成分

不溶性食物繊維、ミネラル(鉄・カルシウム・カリウム・マグネシウム・ナトリウム・亜鉛)、ビタミン(β-カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・葉酸・ナイアシン・ビタミンE・ビタミンK1)、アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロシン・スレオニン・ヒスチジン・フェニルアラニン・その他12種)、その他(脂質・糖質・ポリフェノール・クロロフィル)

価格\9,980(税込)一包価格\110
内容量90包(315g)
特典・備考定期購入特典:最大15%引き、送料無料

この青汁の詳細を確認または購入はこちらから

ランキング第四位は、青汁の専門業者であるアサヒ緑健が展開する「緑効青汁」となっています。特長は、厳しい安全基準として知られる有機JAS認定商品である面や、乳酸菌・食物繊維・オリゴ糖の3成分を活用した、大麦若葉の効果をさらに引き出す特許、ゴールデンバランスです。ただ質の良い野菜が摂れるだけでなく、こうした有用面に期待が持てるような独自の取り組みも、魅力的な青汁です。

5:キューサイ青汁

成分

食物繊維、ナトリウム、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、カリウム

価格\3,518(税込)一包価格\131
内容量30包(210g)
特典・備考初回購入特典:送料無料、シャカシャカカップ付き
定期購入特典:送料無料、10%割引き

この青汁の詳細を確認または購入はこちらから

そしてランキング第五位は、キューサイの「キューサイ青汁」です。国産ケール100%にこだわっており、厳しい品質基準をクリアしています。その他、農薬や化学肥料不使用と言った取り組みにも注力しており、安全性が嬉しい商品となっています。粉末と冷凍の2タイプ、またフレーバーもいくつか種類を展開しているので、好みの役立て方に活かすことができます。

青汁を飲んだことがない人には、有用性以上に飲みにくいといった印象が先行しがちかと思われます。かつて放映されていた、某有名なCMのフレーズでもお馴染みです。しかし近年技術の進歩に伴い、栄養成分へのこだわりとともに、飲みやすさに注力したものも少なくありません。野菜嫌いでも無理なく役立てやすい商品が、多く展開されているのです。もちろん、現代のものには、この他にもさまざまな魅力が存在しています。
私自身もまた、そんな青汁に救われた人間の一人です。体調管理の難しい妊娠期を、手軽さのある栄養摂取によって、健康的な日々へと繋げることができました。今年で1才になる子供も、その影響あってか、とても健康です。この感動を、少しでも多くの人と共感させてもらえたら、幸いに思います。是非、私達の情報を通して、青汁を日々の健康に活かしてみて下さい。